携帯電話ジャマーの利用は海外と日本の携帯電話システムにより

自分の携帯電話は日本国内でいつでも利用できるのに海外各国で使えないのはなぜ?
海外渡航の経験がある方や、初めての海外渡航時の方に、このような疑問を持った方もいるのではないでしょうか。

その理由として、日本の携帯電話の通信システムが海外の携帯電話通信システムと異なるためなのです。

GPSジャマー日本と海外では携帯電話の通信システムが違うと前述しましたが、日本国内でも携帯電話事業者ごとに提供している通信システムが違います。
日本の携帯電話事業者(キャリア)がサービス提供している通信システムは以下の通りです。

CDMAの概要

wifi電波遮断

CDMAとは、Code Division Multiple Access (符号分割多重接続) の略。無線方式の一つで、最大3つの基地局からの電波を受信して最も状態の良い電波を選ぶため安定した通話品質を実現し、一つの電波状態が悪くなっても切れにくい特徴がある。

GSMの概要

GSMとは、携帯電話に使われている無線通信方式の一つ。携帯電話ジャマーヨーロッパやアジアを中心に100カ国以上で利用されており、2Gの携帯電話において事実上の世界標準。 KDDIは2005年9月より、GSM方式の携帯電話サービスとのローミングを提供している。具体的には、対応携帯電話端末に挿入されている「au ICカード」を抜き出し、GSM方式の携帯電話へ挿入するだけで、auの携帯電話と同じ番号で、海外のGSM方式の通話エリアにおいてサービスが利用できる。また、2008年3月には、端末をそのままローミングできる「グローバルパスポートGSM」を搭載したW62Sを発売した。

PHSの概要

PHSとは、移動体通信のひとつであり、1.9GHz帯の周波数帯を利用しているもの。1995年にサービスが開始され、携帯電話より料金が安く、音質が良いなどの特徴から人気を呼んだが、携帯電話の料金値下げが進んだ結果、PHSの利用者は減少した。

現在では、2.4ghz ジャマーウィルコムの一社のみがPHS事業を営んでおり、データ通信やスマートフォン端末、通話料定額などを強みにしている。また、次世代PHSと呼ばれる高速モバイルデータ通信「WILLCOM CORE XGP」のサービスを、2009年10月から提供。PHSは自営の基地局ネットワークを構築することも可能で、法人の内線電話で用いられることも多い。

 3Gとは

gps妨害装置

3Gとは、第3世代(3rd Generation)の携帯電話方式の総称で、ITU(国際電気通信連合)によって定められた「IMT-2000」標準に準拠したデジタル携帯電話のことです。欧州ではUMTS (Universal Mobile Telecommunications System)とも呼ばれています。

アナログ携帯電話が1G(第1世代)、デジタル携帯電話が2G(第2世代)で、これに続く3G(第3世代)という意味を持っています。そこで、3Gは何が違うのかというと、通信速度が高速で通信品質のクオリティが高く、音声だけでなく動画やTV電話、世界中どこでも使えるグローバルサービス等のマルチメディアの扱いに特化した機能を持っているという事が挙げられます。

電波妨害機日本でいえば、ドコモのFOMA(W-CDMA方式)、ソフトバンクのSoftBank 3G(W-CDMA方式)、イーモバイル端末(W-CDMA方式)、auのCDMA 1X WIN(1X EV-DO Rev.0)がこれにあたります。

海外で普及が遅れていた3Gについて、最近では年平均成長率が50%を超える成長を遂げ、本年度中に稼働台数1億台に達すると見られています。国内では海外と比べて3Gの普及で先行しており、3Gを高速データ通信に特化した規格に改良して最大100Mbps程度の通信速度を実現する3,5G(第3,5世代)のHSDPA(High Speed Downlink Packet Access)サービスも開始されました。

関連サイト

http://bouhannstore3689020449272313302125233274903501332622.bligoo.cl/

http://templatedevelopers.grou.ps/talks/7720058

http://www.questions.healthdevelop.com/skin-care